睡眠不足はダイエットの天敵?空腹感で眠れない夜対策とは?

 

『ダイエット中の空腹感で眠れずに睡眠不足…』
『お腹が減りすぎて深夜に食べてしまった…』

 

ダイエット中の食事制限で眠れない経験をされた方も多いと思います
疲れている時ならすぐに眠れるんですが、お腹が減りすぎて胸れないのは本当につらいことですよね…
睡眠不足は健康に悪いだけでなく太りやすい体質を作ってしまいます

 

ダイエット中の空腹感対策はどうしたらいいのでしょうか?


睡眠不足が太りやすい体質になる原因とは?

睡眠不足になると太りやすくなる原因は大きく2つ

グレリン、レプチンの乱れ(食欲をつかさどるホルモン)

私たちの体内にはグレリンとレプチンと呼ばれる食欲をつかさどるホルモンがあります
睡眠不足になると自律神経が乱れる為これらのホルモンも乱れてしまいます
ホルモンが乱れると昼間も本来空腹でなくても空腹に感じたりします

1日睡眠時間が5時間の人は、睡眠時間が8時間の人に比べ
食欲を増進させるホルモンのグレリンが15%ほど多く
逆に食欲を抑えるホルモンのレプチンは16%減少していることが判明

【スタンフォード大学の研究結果】

脳が脂肪の多い食事を欲する

無理な食事制限などによって空腹感を感じる食生活を続けていると脳は体が生命の危機を感じるようにできています
睡眠不足により生命の危険=飢餓と脳が判断し高カロリーな食事を必要とし脂肪を溜め込もうとする働きがあるのではないか?
と推測されています

 

ダイエット中の夜の空腹感対策とは?

食事以外で血糖値を上げる

私たちの体は血糖値の上下によって満腹感や空腹感を感じるようになっています
胃が空腹感を感じているのではなくて脳が空腹感を感じています
脳が血中にあるブドウ糖の量(血糖値)に応じて満腹であるか空腹であるかを判断します
食事以外にも血糖値を上げる方法はあり、それが運動です
運動はカロリー消費にもつながりますし一石二鳥の方法ですが、空腹時に激しい運動をするのは危険な時もありますので軽めのウォーキングなどをしてリフレッシュしましょう
後は、カラオケなんかもちょうどいいかもしれません
最近は防音マイクやスマホがあればお家でカラオケが出来るのでいいかもしれませんね

あえて、低カロリーな食事を摂取

先ほども言いましたようにいくらダイエット中といっても睡眠不足なってしまっては逆効果になりますし、健康を害する恐れもあります
睡眠によって消費されるカロリーは年齢や性別にもよりますが300〜400kcal程度
少しの間食であれば問題ありません
その場合の基準として80kcal程度の間食にすること
また、温かい飲み物やスープ系のダイエット食品がおすすめ
温かい食品はより満腹感を感じやすいため夜食にはおすすめです

リラックス効果のある飲み物/div>

食事によってはリラックス効果を高めて睡眠を誘発するものもあります
例えばハーブティーなどですね♪
ハーブティーの中でも特におすすめはカモミールティーなどは老化現象のひとつの糖化を防ぐ作用があるものがおすすめ
カモミールに豆乳をいれてカモミールミルクティーにしたりアレンジをしてもいいかもしれません

 

 

ダイエットは我慢も大切ですが、我慢だけのダイエットはかならず破たんします
健康的な生活習慣や食生活が最もきれい痩せする近道です

 

睡眠不足に関しても必ず対策を取って十分な睡眠をとるようにしたいですね^^