停滞期でも減量を進める!おすすめのダイエット方法とは?

 

『ついに停滞期が来た、全然痩せない…』
『せっかく順調に痩せていたのに停滞期で間に合わないかも』
『停滞期のせいで目標が達成できないかも…』

 

順調にダイエットが進んでいても急にくる停滞期
順調な証拠ともわかっていも実際に体験するとストレスがたまるものですよね…

 

焦ってストレスを溜めこまないことが大切ですが、停滞期でも減量する方法なない物なのでしょうか?


停滞期の原因とおすすめのダイエット方法とは?

 

まず、覚えておいてほしいのが停滞期はダイエットがうまくいっている証拠だということです
停滞期は基本的に減量のスピードに体がついてこれなくなると起きる減少と言われています

 

急激な減量が起きると飢餓状態と言われる省エネモードになり、食べ物からより多くの脂肪を蓄えようとします
それに加えて体内にある脂肪は出来るだけセーブしようと働く為、減量にストップがかかってしまいます

 

停滞期ではまず焦って無理な食事制限やエクササイズをしないことが大切
精神的に追い詰められるダイエットは必ず失敗したり、リバウンドのもとになってしまいます…
やけ食いやドカ食いを飢餓状態の中で引き起こしてしまうと今まで頑張っていたダイエットが水の泡になるんです…

 

また停滞期は必ず空ける日がやってきます…個人差はありますが
2週間〜1ヶ月程度の期間でほとんどの方が停滞期を抜け出すと言われています

 

早く開けるためのコツは体に『栄養は足りているから大丈夫だよ〜』と知らせる事
停滞期はダイエットによって体が危機を感じるために起きる現象です
その為、カロリー計算が難しいかも知れませんが、低カロリーでも栄養が優れている食品を摂取しなくてはいけません
また、食事制限量を上下させなくても停滞期は体にその食事が順応することで解除されます

停滞期に減量を進める方法とは?

たとえ停滞期になっても
『結婚式までにもう少し…どうしてもあとちょっと痩せたい!』
『水着を着る予定があるので出来る限り細くなっていたい…』
などどうしても痩せたい時ってありますよね…

 

停滞期に入っていてもダイエットを進める方法はいくつかあります
その為のポイントは2つ
・無理な食事制限をしない(停滞期が長引いたり、ストレスでリバウンド恐れがある為)
・栄養バランスの取れた食事(カロリーが十分でも栄養が足りていないと停滞期が長引く恐れがあります)
この2つは最低限意識しないといけません

 

カロリー制限やエクササイズだけがきれい痩せの条件ではありません
そのほかに出来る事をしっかり実践しましょう♪

停滞期でもおすすめ出来る2つのダイエット

便通改善

停滞期は体が飢餓状態になっていて、脂肪を減らすことが難しい時期になります
そこで、そんな時は体内のデトックス(排毒)を行う時期と考えて方向を転換しましょう

 

便秘だと自分で感じていなくても実際には腸内に便がたまっている事はよくあります
特に女性は男性に比べて腸内の筋力が弱いため便を排せつする力弱いのです

 

毎日便が出たとしても固めの便であれば便秘気味と言えます
便秘の定義としては2〜3日程でなかった時という場合が多いですが実際は腸の状態が最も大切

 

便秘を改善するだけで1〜3kg体重が減る事は珍しくありませんし、ポッコリお腹を解消できます
便通を改善するためには善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維(不溶性と水溶性の両方)をしっかり摂取すること

 

酵素ドリンクやグリーンスムージー、青汁なんかを取り入れていない人は一度取り入れてみてはいかがでしょうか

酵母の力を借りる

食事制限量を増やさずに体内に蓄積される糖質をカットする方法が酵母の力を利用すること

 

酵母とは人間と同じ糖質をエネルギー源とする微生物の事です
和食の味噌、しょうゆ、お酒などの発酵食品に多く含まれます
和食がダイエットに良いと言われるのは酵母の力が関係しています

 

酵母を効率よく摂取するためには出来るだけ和食中心の食生活にすることが理想
ですが、実際に毎日となると手間が掛かってしまったり、仕事が忙しくて実践するのが難しい場合もありますよね
そんな時は外食でも和食にしたり、酵母サプリメントを活用したり、手軽に摂取できる方法を考えましょう
食事制限量を増やさずに質を上げる工夫が大切というわけです

 

 

何度も言いますが、停滞期はダイエットがうまくいっているから起きる現象です
その為、まずは今のダイエットがうまくいっている事をプラスに考えて焦らずに対策を取っていきたいですね^^